Event is FINISHED

早稲田祭2020"完全オンライン化"当事者に聞く、決断と苦闘

Description
例年約20万人が来場する日本最大級の学園祭「早稲田祭」。
新型コロナが猛威を振るい、学園祭自体を中止する学校も少なくない中、早稲田祭運営スタッフはオンライン開催を決断しました。

150のYouTubeチャンネルを用意し、200団体300企画を60~70チャンネルで常時配信し、最高同時視聴者数約7,000人という超大規模オンラインイベントを、全くの未経験からどう実現させたのか、オンライン化に伴う変化にどう対応したのかの裏側を、当事者である運営スタッフの方々にお伺いします。

◆内容
・いつ、どのようにオンライン化を決断したか
・どのように準備を進め、備えたか
・ビジネスモデルや必要な人材・組織の変化にどう対応したか
・想定外のこと、大変だったこと、可能性を感じたこと
・システムやオペレーション
・「らしさ」を保つために、変えたこと・変えなかったこと
・見えてきた課題、来年以降の見通し

◆開催概要
・12月22日(火) 19:30-21:00
・Zoom online
・参加資格:どなたでも参加できます
・参加費:無料
・早稲田祭運営への寄附(任意)
  ①1000円
  ②3,000円
  ③5,000円
  いずれかを選択してください。
 ※決済手数料等諸経費を差し引いた全額を、早稲田祭運営スタッフ組織に寄付をします

◆登壇者
・福島陽(ふくしまひなた) 政治経済学部3年
  早稲田祭2020運営スタッフ 代表

・井出圭済(いでよしなり) 商学部3年
  早稲田祭2020運営スタッフ 渉外局長

・髙𣘺収平(たかはししゅうへい) 教育学部3年
  早稲田祭2020運営スタッフ 参加対応局 局長

◆企画・司会
・高橋龍征(たかはし・たつゆき)
 ファイナンス稲門会 幹事
 WASEDA NEO プログラム・プロデューサー
 CSK、ソニー、Samsungでの事業開発、スタートアップ共同創業(取締役COO)を経て、事業創造、人材育成、コミュニティ構築等の支援を行う合同会社conecuriを設立。
 早稲田大学WASEDA NEOや自身主催で年間200講座をプロデュースする。
 ベンチャー稲門会事務局(第1期)やファイナンス稲門会幹事など、複数コミュニティ運営に14年近く携わる。
 早稲田大学 第一文学部 哲学科 東洋哲学専修 卒業
 早稲田大学大学院 ファイナンス研究科 修了
 JVCA ベンチャーキャピタリスト研修 修了

・ファイナンス稲門会
 2004年設立。
 金融・証券・保険といった業種に限らず、幅広く社会で活躍する早稲田卒業生を対象とし、現在約1,000名の会員が在籍している。
 イベント企画は年間30回以上、今最もアクティブな稲門会。
 http://www.finance-tomonkai.com/
Tue Dec 22, 2020
7:30 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Online event
Tickets
無料参加チケット FULL
早稲田祭寄付1000 SOLD OUT ¥1,000
早稲田祭寄付3000 SOLD OUT ¥3,000
早稲田祭寄付5000 SOLD OUT ¥5,000
Organizer
ファイナンス稲門会
311 Followers

[PR] Recommended information